トラブルを起こさないために

医療現場でトラブルが発生することを防ぐために、未然に予防策を講じる医療人が少なくないと思います。一つ一つの作業に細心の注意を払うことでトラブルを予防できるという考えがあると思い、トラブルに対しての意識の高さが病院体質を守ることにつながると考えられるのです。ひいては医療ミスを予防することにつながっていき、トラブルの注意喚起を実施することで患者の命をも守ることができるのではないでしょうか。医療ミスは病院存続に深く関わってくるため、それを引き起こさないために医療スキルを磨いたり講習に参加するなどして、医療知識を深めている医師は少なくないと思います。トラブルとの決別を図るくらいの気持ちで業務改革に乗り出していく必要があるかもしれません。
トラブルを予防できてこそデキる医療人だとおっしゃる医療人がいるのではないでしょうか。患者に医療行為をしている中で、いつもとおかしい点があったらいち早く気づくことが大切であり、人は誰しもミスをするからこそ、確認に確認を重ねるくらいの気持ちで業務に取り組むべきだという考えがあると思うのです。病院内で患者が訪れる各所に医療人が診察や手術の際に本人確認を行うのも、トラブルを予防する一環だと考えられます。そうした心掛けを継続することで、長きにわたって患者がかかり易い病院として定着していくと思い、病院存続につながっていくと考えられるのです。トラブルとは無縁な社会を築いていこうとする意識を持つことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です